ダイエットの体への被害

ダイエットの体への被害について紹介したいと思います。

きちんと健康的なダイエットをする場合には、それほど健康への被害を考える必要はないのですが
間違ったダイエットをしてしまうと健康への被害は避けて通れなくなってしまいます。

たとえば骨粗鬆症がダイエットの健康被害のひとつにあげられます。

カルシウム不足によって骨粗鬆症になりやすいといわれています。

カルシウムというのは10代から30代でどんどん増えてそれ以降は減る傾向にあるといわれているのですが
10代や20代で間違ったダイエットをしてしまうとカルシウムが十分に摂取できていなくて将来骨粗鬆症になってしまうといわれています。

他にもダイエットの健康の被害としては摂食障害があります。

これは間違ったダイエットなどをしたために食生活の異常が長い間続いてしまうことで満腹中枢が壊れてしまって過食になったり、
逆の拒食になるということがありこれらを摂食障害と呼んでいます。

このほかにもダイエットによる体に被害としては栄養バランスの悪い食生活をしているために
ダイエットによって婦人科系の体のトラブルもよくあるといわれています。

生理がとまってしまったり、将来的に妊娠しにくい体になってしまいますから注意しましょう。

TOPに戻る

プライバシーポリシー

特定商取引法に関する表記



Copyright 2008
All rights Reserved.
脚痩せなら
蓮水カノンの
脚痩せルンルン♪